IPMA

知財経営を学ぶ 一般公開資料 知財レポート 知財Q&A USP学習塾

創造技法MC法 今後の活動 英文特許を読解 WEB教育 リンク

IPMA >> 米国企業から日本国へ出願された特許明細書(公表公報)は、なぜ難解なのか

米国企業から日本国へ出願された特許明細書(公表公報)は、なぜ難解なのか

 米国企業が日本国へ出願した米国特許明細書【請求項】が、どのような日本語になっているのかを知るために公表公報の読み取りにチャレンジしました。しかし読みきれませんでした。なぜ、このような日本語で記述せねばならないのか、という素朴な疑問は消えていません。

 そこで、元の米国特許明細書【請求項】(クレーム)】を原文の流れに従って、忠実に翻訳するために英語文章(構文)を3*3方式で分割し、機械翻訳ソフトの支援を受けながら翻訳しました。正直こちらの日本語の方が分かりやすいです。

 何故このような日本語へ翻訳しないと駄目なのかが分かりません 資料はこちらから

 

お問い合わせ