IPMA

知財経営を学ぶ 一般公開資料 知財レポート 知財Q&A USP学習塾

創造技法MC法 今後の活動 英文特許を読解 WEB教育 リンク

IPMA >> このままで良いのか「中国特許明細書」:2010年11月の特許情報フエア企業プレゼン

このままで良いのか「中国特許明細書」:2010年11月の特許情報フエア企業プレゼン

概要:本文抜粋

 本日のタイトルは、このままで良いのか「中国特許出願明細書」で、サブタイトルは、「良いわけが無だろう!」でも、やめられないという内容です。私が知る限り中国特許出願明細書の酷さは、もう笑うしかないです。「いい加減にせんか!」と怒鳴りたいところですが殆どの人が無関心です。恐らくは、惨憺たる状況は知っているはずです。しかし、いまパンドラの蓋を開けるのはヤバイ!ということでしょう。なぜなら、これまでに出願してきた案件の多くは紙クズに等しいですからです。この事実がバレたなら、本当にヤバイことになります。ここは停年を迎えるまで隠し通すしかありません。

本文はこちらから

 

お問い合わせ