IPMA

知財経営を学ぶ 一般公開資料 知財レポート 知財Q&A USP学習塾

創造技法MC法 今後の活動 英文特許を読解 WEB教育 リンク

創造技法MC法

IPMA >> 一般公開資料 >> 長谷川MC法 >> 創造技法MC法

MEMODAS-R 無料開放のお知らせ

MEMODASで、アイデアを出し、創造のプロセスを学び、論理力を鍛えることで、発想が豊かになります。当研究所は、このMEMODASを発明提案書の作成ツールとして活用することの研究を主として取り組んできました。関心を持っていただいた方へ紹介してきましたが、お蔭様で非常に高い評価を得ています。貴重なアドバイスも頂きました。

“MEMODASの活用は知財関連業務だけでなく、様々な仕事に携わっている方々にも気楽に使えるようにしたら如何でしょう、様々な活用方法が生まれ日本人の創造力は向上するとおもいます”という声に押されて、MEMODASを無料開放することにしました。社会貢献事業(CSR)というほど大げさなことではありませんが、少しでもお役に立てば幸いす。

MEMODASソフトのダウンロードは、こちらから申し込みください


グッドモーニング(テレビ朝日 6/14放送)

大谷翔平投手(日ハム)が3行3列のカードを使って、自分の目標を実現させてきた秘訣をスポーツキャスターが紹介していました。高校時代から実行していたようです。例えば160キロを出す、という目標を中心のカードへに記入し、その目標を達成するためには何をすべきか、例えば下半身を鍛える等の実現手段を周辺のカードヘ書き込みます。こんどは下半身を鍛えるという目標を中心のカードへ記入し、その実現手段を周辺のカードヘ記入していきます。この繰り返しの創造技法です。弊社では3行3列のマッリックスカード(MC法)を使って知的財産分野で使っております。そんな中、大谷翔平投手が高校時代から、同じ発想の「目標達成用紙」を取りいれていたとは驚きであり、思わず嬉しくなりました。

大谷翔平選手の「目標達成用紙」のサイトをご紹介をします、興味有る方は訪問してみてください:
https://newspicks.com/news/893396/body/


■朝日新聞デジタル
(未来ノート―202Xの君へ―)野球・大谷翔平 夢も目標も書く(10月15日)

http://www.asahi.com/articles/DA3S13180828.html

お問い合わせ