IPMA

知財経営を学ぶ 一般公開資料 知財レポート 知財Q&A USP学習塾

創造技法MC法 今後の活動 英文特許を読解 WEB教育 リンク

IPMA >> 知財コストの削減策(4):無駄な特許出願を撲滅させる特許調査

知財コストの削減策(4):無駄な特許出願を撲滅させる特許調査

無駄な特許出願を止めるには製品開発の前から、他社特許の侵害調査を実施します。その目的は、知財の安全を確認し、技術動向を把握することで、自社が自由に開発できる技術領域を見つけ、事業の優位性を確保することです。特許調査をする目的は、

①知財の安全を確保することです:他人の特許権利を知ることで、知財紛争に巻き込まれない技術の開発です、
②事業の優位性を確保することです:自社が自由に開発できる技術領域を確保し、差別化技術の創出と参入障壁の構築です、

③ムダな特許出願を止めることです:「守秘知財」と「開示知財」の仕分けが大事で、特許出願だけに頼らない「知財マネジメント法」の構築が大事です、
④発明評価書で発明の質を上げることです:新規性、進歩性を確認し、自分と他人の技術を比較し、「もやし特許」を撲滅させること、などです。

詳細の資料(PDF)はこちらから

 

お問い合わせ