IPMA

知財経営を学ぶ 一般公開資料 知財レポート 知財Q&A USP学習塾

創造技法MC法 今後の活動 英文特許を読解 WEB教育 リンク

IPMA >> 特許は会社のものか、発明者のものか

特許は会社のものか、発明者のものか

いま特許は会社のものか、発明者のものか、という議論がされています。会社は発明者との訴訟リスクを回避したいのが狙いのようです。会社の好都合は発明者にとっては不都合となります。多くの技術者は、特許への執着心と関心を失い、益々質の悪い特許が生まれなければ良いが、と懸念しています。しかし会社は「知財経営」を推進するために知的財産の質を高めていかねばなりません。真っ当な会社であれは、発明能力が高く、会社への貢献が期待できる優秀な技術者をお粗末にすることはありません。実は、特許は技術者の自己主張や自己実現を図るための手段です。“これが私の発明技術です、どうです凄いでしょう“その素晴らしさを堂々と主張していくことが大事です

本文(PDF)はこちらから

 

お問い合わせ