IPMA

知財経営を学ぶ 一般公開資料 知財レポート 知財Q&A USP学習塾

創造技法MC法 今後の活動 英文特許を読解 WEB教育 リンク

IPMA >>知財立国日本の実現に向けて、―日本の知財を誤解なく世界へ伝える運動―

知財立国日本の実現に向けて、―日本の知財を誤解なく世界へ伝える運動―

1.過ちは幻想から生じる

 「誤解・錯覚」に気づかないのが幻想の始まりである。過度な特許への「信頼・期待」が知財幻想を生み出す、/「独占・排他権」は産業の発達に貢献する、/特許を取得すれば誰かが守ってくれる、/特許出願にはリスクがない、/守秘する知財は会社利益に貢献しない、/「知財文書」の品質は世界でも通用する、/知財部門の仕事は「知財管理」である、/特許明細書は技術用語と法律用語が混じった特殊な文書である、/特許文書は当業者以外の者が読めなくて当然である、/日本特許明細書は欧米型の特許明細書と同じになっている、という知財幻想。

2.知財文書の劣化が知財倒産を招く

 国内への特許出願は減るが、外国への特許出願は増える。「和製英語(ジャパニッシュ)」が知財コストを押し上げ、文書品質の劣化を招く。世界で通用する「グローバル特許明細書」を作ろう。

3.世界で通用する「グローバル特許明細書」の文書要件

 特許明細書とは何か・発明は隠さず開示する義務がある。【請求項(クレーム)】とは何か。権利の主張を曖昧文章で広げることは難しい。日本語では難しい一筆書き。日本の【請求項】。米国特許明細書のクレーム。「グローバル特許明細書」の要件。ほか

4.考え方を変え問題を改善すれば、知財立国日本は実現する

 曖昧文書は日本全体の問題である。英国、米国でも続けられている「平明英語運動」。日本でも始めるべき「平明日本語運動」。世界へ「事、物、考え」を伝える「平明日本語」。論理力を身に付けロジカルに書く。日本人としてのアイデンティティを失うな。「名こそ惜しけれ」日本の美学の核。ほか

5.日本の知財政策は、どの方向へ進むのか

 特許の価値は低下し、著作権、商標、意匠を含めた知的財産の「総合マネジメント力」が求められる。その人材育成はできるのか。機械翻訳ソフトの支援が受けられる英語に近い日本語を書く。

知財立国日本の実現に向けての本文PDF資料は、こちらから

(*)このレポートは、下記の資料を使っています。

▽【英文特許仕様明細書(仕様書)作成「改善」マニュアル】は、こちらから

▽【米国特許弁護士の米国特許講座(Basic US .Patent Writing)1-8時間 「英⇔日」の対訳付】は、こちらから

 

お問い合わせ