IPMA

知財経営を学ぶ 一般公開資料 知財レポート 知財Q&A USP学習塾

創造技法MC法 今後の活動 英文特許を読解 WEB教育 リンク

IPMA >> 良き時代の「日本特許システム」からの脱却ができない

良き時代の「日本特許システム」からの脱却ができない

日本の「特許システム」は、これまで大変うまく機能してきました。これは全くの偶然であり、決して霞が関のお役人さんの手柄でもないようです。高度成長期の時流に乗った日本は、どこの会社も同じような技術開発をしていますから売れる商品を早く開発して「沢山」売りまくるという良き時代です。日本企業同士が特許係争でもめている場合ではありません。お互いが開発した発明技術を使い合うことが重要な特許戦略でした。特許を使い合うためには話し合うことが必要です。「談合特許」の時代です。話し合いを有利に進めるには、特許の質より、とにかく特許の量が(目方)勝負です。

しかしグローバル化で、特許の世界も「グローバル知財」への転換を迎えております。「日本特許村」からの脱却が急務ですが、なかなか変われないのが現状です。そして、なぜ日本は無駄な特許出願を止められないのか、の分析をしております。

・良き時代の「日本の特許システム」の本文は、こちらから

 

お問い合わせ