IPMA

知財経営を学ぶ 一般公開資料 知財レポート 知財Q&A USP学習塾

創造技法MC法 今後の活動 英文特許を読解 WEB教育 リンク

IPMA >> 伝わらない「米国・中国特許明細書」諸悪の根源は「曖昧日本語」

伝わらない「米国・中国特許明細書」諸悪の根源は「曖昧日本語」

一般的に述べますが、知財部門の人には誤解があるのではないでしょうか、すなわち日本の特許明細書と米国特許明細書(US Patent Specification)は基本的に同じであるという誤解です。体裁は同じ、特許法もほぼ同じとしても、日本人と西欧人の考え方の違い、そこからでてくる論理展開のやり方の違い、そしてその結果としての記述の構造の違いを理解されていないと思われます。

・伝わらない「米国・中国特許明細書」の本文は、こちらから

 

お問い合わせ