IPMA

知財経営を学ぶ 一般公開資料 知財レポート 知財Q&A USP学習塾

創造技法MC法 今後の活動 英文特許を読解 WEB教育 リンク

IPMA >> 新入社員への知財教育は初めが大事、特許嫌いにならないために

新入社員への知財教育は初めが大事、特許嫌いにならないために

 2006年5月29日(月)、A社の技術系新入社員の知財教育の講師に呼ばれました。タイトルは「特許とは、技術者のためにあるのです。「知財力」を身に付けると得をしますよ!」にしました。ただ彼らに伝えるメッセージは「自分の為になる」ことに限ります。自分の為にならない話は横向いて「プイ」です。ただし自分の為になる話には目を輝かせて聞き入ります。「知財力」を身につけないと、使えない技術者になりますヨ!」と脅してきましたが、果たして彼らに何処まで届いたかは定かではありません。以下の話をして来ました。

・【講演録】:特許とは技術者の為にあるのです!こちらから

 

お問い合わせ