IPMA

知財経営を学ぶ 一般公開資料 知財レポート 知財Q&A USP学習塾

創造技法MC法 今後の活動 英文特許を読解 WEB教育 リンク

松村貞夫先生の「技術者のための知的財産教育シリーズ」

IPMA >> 一般公開資料 >> 松村貞夫先生の「技術者のための知的財産教育シリーズ」

松村貞夫先生の「技術者のための知的財産教育シリーズ」

  1. 経営と知的財産の関り:「知的財産面からの管理者、幹部社員への期待」(PDF)
    知的財産制度を積極的に会社経営へ取り込み活用させ定着させることです。経営活動と知的財産活動の一体化、技術戦略と知財戦略の有機的結びつきによって企業利益が拡大されます。
  2. 技術者のための知的財産(特許)教育講座(PDF)
    特許とは研究開発技術者のためにあるのです。その役割を果たすには知的財産の基礎知識が必要です。例えば発明の捉え方、発明の創出法、有効特許の取得法、特許権の活用法、他社権利への対応法、特許公報の読み方などです。
  3. 知的財産・特許の知識を特許業務の使うための知財実践総合講座(PDF)
    企業は特許制度を会社の持続的発展に活用させるべきという観点から特許制度の概要、特許になる要件などを特許法と照らし合わせながら具体的に解説をしています。
  4. 企業における職務発明制度(PDF)
    発明は企業のものか、発明者のものか、論議がされています。これまでの職務発明制度の中で、企業は職務発明制度をどのように運営してきたのかを具体例で解説をしています。

著者:松村貞夫 元)株式会社リコー副理事審議役知的財産部部長、元)知的財産協会役員を歴任し、知的財産業界へ貢献してきました。

 

お問い合わせ