IPMA

知財経営を学ぶ 一般公開資料 知財レポート 知財Q&A USP学習塾

創造技法MC法 今後の活動 英文特許を読解 WEB教育 リンク

IPMA >> IP(知財)戦争とは、言葉の戦いである

IP(知財)戦争とは、言葉の戦いである

日本国内での特許係争は最終的には話し合い(談合)で落とし込めます。しかし海外との係争になれば「談合」は通じません。日本企業が海外での特許係争に戦わず「和解」するのは、詰まるところ海外への特許明細書のお粗末さが起因しているからです。IP(知的財産)戦争とは、詰まるところ言語の戦いです。しかし日本人は文書(ドキュメント)に対しての関心は極めて薄く、文書の品質管理は疎かにされています。

・IP(知財)戦争とは、言葉の戦いであるの本文は、こちらから

 

お問い合わせ