IPMA

知財経営を学ぶ 一般公開資料 知財レポート 知財Q&A USP学習塾

創造技法MC法 中国知財関連 英文特許を読解 WEB教育 IPMAの書籍

IPMA >> 知財文章の品質劣化が「知財倒産」を招く

知財文章の品質劣化が「知財倒産」を招く

 考え方を変え問題を改善すれば「知財立国日本」は実現します。曖昧文書は日本全体の問題でもあります。英国、米国でも続けられている「平明英語運動」を日本でも取り入れる時期にあります。つまり「平明日本語運動」です。それは世界へ「事、物、考え」を伝える為の日本語、即ち世界言語としての普遍的な日本語表現です。これを強く意識することで、知財文書の改善が進みます。「グローバル知財」で国内への知財出願は減ります。しかし外国への知財出願は増えます。しかし「和製英語(ジャパニッシュ)」が文書品質の劣化を招き、知財コストを押し上げ、やがて「知財倒産」を招くという危機感を抱いています。世界で通用する「グローバル特許明細書」を作りましょう!

知財文章の品質劣化が「知財倒産」を招くは、こちらから

 

お問い合わせ