IPMA

知財経営を学ぶ 一般公開資料 知財レポート 知財Q&A USP学習塾

創造技法MC法 中国知財関連 英文特許を読解 WEB教育 発明提案書作成

知財教育:絵ーラーニング

IPMA >> WEB教育 >> 知財教育:絵ーラーニング

知財教育:絵ーラーニング

「知財教育コンテンツ集」のご紹介

企業内ネットワークで知財教育を推進しませんか

イメージ画像

日本アイアールは、1990年「知的財産活用研究所」を発足させて以来、主に技術者を対象とした知財教育を実施しております。この「知財教育コンテンツ集」は、その経験の積み重ねから生まれた教材です。これからも時代にあった新講座を追加していく予定でおります。

知財教育システム導入のご提案

  1. 会社は社内の知的財産を会社経営に取り入れる「知財経営」が求められています。
  2. 「知財経営」を推進するには、全社員の「知財マインド」を上げることです
  3. 知財への関心を高め、正しい理解を得なければ「知財経営」は成功しません。
  4. それには日常的に知財教育の運営ができる「知財教育システム」の導入が欠かせません。
  5. 社員が「いつでも、どこからでも」気軽に学べる環境を提供すべきです。
  6. 知財教育の「企業内ネットワーク」を構築したら如何でしょう。
  7. 社員教育は、自分の仕事に必要なスキルを身につけるのが目的です。
  8. 会社が用意する研修機会を活かして「自分の為に学ぶ」ものです。
  9. 社内研修は受講者への費用対効果と周りの評価が問われますが実行することが先決です。

社内の知財教育が上手く行かない理由は

  1. 知財に対する興味への温度差が大きく受講者の視点合わせが悩ましい
  2. 知財を学ぶといっても、学ぶべき領域が多岐にわたり勉強方法が分からない
  3. それぞれ「コア」の専門書は沢山あるが、難しい説明文で馴染めない
  4. 社内研修を開催しても忙しいなどの理由で、参加者が少なく日程調整が大変
  5. 外部研修に参加を促すとしても、日程と人選が悩ましく費用対効果も不明
  6. 紋切り型の研修は単なる知識の押し付けで自分たちの実務と結び付き難い
  7. 知りたいことが具体的で、かつ明確であればネットで調べれば解決可能
  8. 単なる知識の吸収でなく、自分たちの創造活動に役立つ研修が少ない
  9. 社内研修を開催しても、その後のフオローが出来ない、継続できない
  10. 社内研修を開催したという単なる「アリバイつくり」にもなり兼ねない

この「知財コンテンツ」の役目は、知財教育の「面白くない、つまらない、役に立たない」という問題を解決できるのではないかと考えています。多くの関係者が、興味ある講座へアクセスして、自由に学べる知財教育の「知的基盤」の構築を提案するものであります。

 

この「知財コンテンツ集」の特長は

  1. 専門用語は使わず、「分かりやすく、分かりやすく」解説しています。
  2. 難しい話も様々な切り口から「優しく、優しく」説いています。
  3. 何かしらの「気づき」が生まれる解説を心がけています。
  4. 受講対象は、初めて知財を学ぶ人、知財業務(実務)を学びたい人、創造力を鍛えたい人、自分の頭で物事を考える習慣を身につけたい人など、幅広い内容となっています。

 

知財教育は、なぜ難しいのか

  1. 知的財産に興味がある人、そうでない人の温度差が大きいです。
  2. 全ての人に同じやり方は通用しません。
  3. 従来の画一的(紋切り型)な内容では役に立たないです。
  4. 興味ない人に無理強いをしないことです。
  5. 知財教育の目的は、数少ない「スター候補技術者」を見つけることです。
  6. スター技術者」の周りには優秀な技術者が必ず集まります。
  7. 「スター技術者」ヘの知財支援は徹底的行うことです。
  8. 若手技術者が憧れる「スター技術者」を育てることです。
  9. 技術者たちの潜在力を引き出すには間口を広くしておくことです。
  10. 自分に必要なカリキュラムを選べる環境を整えることです。
  11. 平等でなく公平にスキルアップの機会を与えることです。

詰まるところ“知財スキルを高める、高めない、あるいは知財を武器にして自分の価値を上げる、下げるは自己責任です”。

 

「知財教育」のインフラ構築は慌てないことです

ステップ1 : 知財部門のメンバーで共有して使ってみます。

ステップ2 : 知財教育に協力的なグループとのネットで意見を求めます。

ステップ3 : 修正すべき点を整理し、改善を加え資料を整えます。

ステップ4 : コンテンツの配信方法などを検討します。

ステップ5 : 受講者へ定着させる工夫を加えていきます。

 

自社独自の「知財教育インフラ」が効率よく構築できます

(例) 自社独自の教材を付け加える、

(例) 受講者とのレスポンス機能を加える、

(例) 教育担当者が知財教育で使うレジメつくりの材料に使う、

(例) 教育担当者が知財教育で使うレジメと併せて使う、などの工夫を加えることで「知財教育の教育基盤(インフラ)」が定着していきます。

 

この「知財コンテンツ集」の概要は

この講座は、講座Ⅰ~Ⅴのカテゴリに分け、全25の講座で構成されています。夫々の講座は、20コマから60コマとバラツキはありますが、平均すると約35コマです。各コマは、分かりやすい絵図とポイントを押さえた「説明・解説文」から構成されています。

基本的な教育コンセプトは知財知識の吸収だけではなく、知財マインドを高め、自分の頭で考えて課題を解決するに、何がしのヒントが得られればという内容に拘っております。例えば、“特許を学ぶことで技術者の発明能力は向上します!即ち特許とは技術者の為にあるのです!特許知識のない技術者は損をしますヨ!”といった技術者自身の考え方を変えていくのに役立てばという思いです。以下、各講座のポイントを述べます。

 

講座-Ⅰ:知財マインドアップ講座

  • 知的財産は会社の利益に貢献し、会社を元気にする資源であることを理解する
  • 「経営層」「開発部門」「知財部門」の三位一体の知財戦略を実現させる
  • 関係者が知的財産への関心を持つことで、知財マネジメント法が構築される
  • 技術者が知って“得”をする知的財産の基礎知識が学べる
  • ・特許は技術者のためにあるのです、という認識を強める

講座-Ⅱ:知的財産権基礎講座

  • 特許制度の考え方を知り、間違えない適切な運営を推進する
  • 知的財産と技術者との係わりを知り、係わりを強めていく足がかりにする
  • 「ビジネスモデル特許」を学び「IoT技術特許関連」への対応を考える

講座-Ⅲ:創造技法と発明提案書作成講座

  • 世界で通用する「グローバル特許明細書」に繋がる発明提案書の作成
  • 創造技法で「発想・論理力」を鍛え、新技術のバリエーションを増やす
  • 技術者が知って“得”をする特許明細書の基礎知識が学べる

講座-Ⅳ:技術者の創造力と実現力の向上を目指した講座

  • 筋の良い研究開発テーマを生み出すには何が必要か「調査研究」を行う
  • 発想の転換が新しい発見に出会う、それには「情報の構造化と再構造化」が必要
  • 特許調査実践と情報分析(パテントマップ)の手法を身につける

公開講座:英文特許文書を読みこなすための講座

  • 技術者は、知財のグローバル化で英文特許文書を読みこなすスキルが必要
  • 英文特許文章は構造的であるから、その英文構造を知れば実に易しい
  • 米国特許明細書を教材にした学習テキストと学習プログラムを用意

公開講座:孫子の兵法から「知財戦略」のヒントを得る講座

  • 情報を制する者が戦いに勝つ、会社経営と情報との関わり
  • 知財に関する学習領域は広く、応用力が求められる
  • 知識を詰め込んでも応用の“才”が無ければ、知財の奥深さに向き会えない
  • 「知財戦略」の基本は、戦わずして勝つ、即ち情報を制する者が戦いに勝つ

 

この公開講座は無料です。休憩時、気分転換で気軽に読んでください。

 

● ご要望により「出前講座」を行っています

特長1:依頼者が要望する内容をカリキュラムに取り入れます

特長2:演習を多用し、理解度を更に深めるカリキュラムも可能です

 

● 「出前講座」知財研修センターの紹介

http://www.chizai-kensyu.com/

 

● NRIサイバーパテントでは、WEBシステムで運営をしています

 

「知財教育コンテンツ集」 講座案内:絵―ラーニング

   各講座の目次(PDF)と公開講座の受講は、下線の部分をクリックしてください

◇講座-Ⅰ:知財マインドアップ

  1. 特許は会社が儲かるためにあるのです
  2. なぜ、知的財産が重要視されるようになったのか
  3. 公開講座:嶋弁理士の「ひとくちメモ」39選
  4. 技術者の意識改革と知財リエゾンマンの役割
  5. 技術者が知って“得”をする知的財産の基礎知識

◇講座-Ⅱ:知的財産権の基礎知識

  1. 知的財産権の基礎知識(初級編)
  2. 知的財産権の基礎知識(中級編)
  3. ビジネスモデル特許の「基本知識」を知ることでIT関連特許への理解が深まる
  4. ビジネスモデル特許の「特許要件」と「審査基準」を知る(基礎編)
  5. ビジネスモデル特許の「特許調査」と「特許明細書作成」での注意点(実践編)

◇講座-Ⅲ:創造技法と発明提案書作成

  1. 技術者が知って”得“をする特許明細書の基礎知識
  2. 「知財生産技術」を創造技法から学ぶ
  3. 創造技法(MC法)で強い発明提案書を作成する
  4. 公開講座:創造技法講座1~10回:講師 長谷川公彦

◇講座-Ⅳ:技術者の創造力と実現力を鍛える

  1. ずばり特許調査の秘訣を教えます
  2. 特許調査の実践:特許データベースで特許調査をやってみる
  3. 技術者に知って欲しい、正しいパテントマの使い方
  4. パテントマップの作成手順と解析プロセスの事例
  5. 「成熟・衰退期」での筋の良い研究テーマの発掘法
  6. 公開講座:筋の良い研究テーマの発掘にツールを使って検証する

◇公開講座:英文特許文書を読みこなす

  1. 英文特許文書の「文書構成」と「文章構造」を学ぶ
  2. 英文特許文書の構造を理解して、USパテントを読む
  3. 英文特許文章を分割して読む学習プログラム「虎徹」と教材「英文解体新書」
    IT技術と地雷パテントを米国特許公報から学ぶ「教材&学習プログラム」

◇公開講座

  1. 情報を制する者が戦いに勝つ、情報と会社経営の関わり
  2. 孫子の兵法から「知財戦略」のヒントを得る

 

■ お知らせ:体験版「絵-ラーニング」の紹介

講座名:創造技法(MC法〕で強い発明提案書を作成する

第5章 MC法を使って具体的に発明提案書を書いてみる、

【事例】:「消しゴム付き鉛筆」の発明提案書をメモダスで作るは、こちらから

 

詳細の問いあわせ、試用のパスワード配布等の問い合わせは、こちらから

発行:日本アイアール株式会社 知的財産活用研究所

〒160-0008
東京都新宿区三栄町25-7 大田ビル3F TEL.03-3357-3467  FAX.03-3357-8277
http://nihon-ir.jp       E-mail:info@nihon-ir.co.jp

 

お問い合わせ