IPMA

知財経営を学ぶ 一般公開資料 知財レポート 知財Q&A USP学習塾

創造技法MC法 今後の活動 英文特許を読解 WEB教育 リンク

知財経営を学ぶ

IPMA >> 知財経営を学ぶ >> 知的財産(特許)の活用

知的財産(特許)の活用

「知財経営」の基本は、「知財安全性」の確保と「事業優位性」への活用である

「知的創造サイクル」を廻す社内基盤をつくる

創造の部分

  1. 特許調査(知財の安全)と情報解析(事業の優位性)
  2. 「科学的発明創出法」で筋の良い研究テーマを発掘
  3. 自分にあった「創造技法」を使って「知的生産技術」を取得
  4. 知財人材とクリエイティブ人材の育成

権利保護の部分

  1. 発明のブラシュアップ作業を徹底的に行い、もやし特許の撲滅
  2. 世界で通用する世界標準型の特許明細書を作成
  3. いざとなったら戦えるドキュメントの収集と整理保管

特許活用の部分

  1. 適切なライセンス契約ができるドキュメントを持つ
  2. 知財費用の「対投資効果」を「見える化」する
  3. 「企業ブランド」の保護と「技術ブランド」の蓄積

お問い合わせ