IPMA

知財経営を学ぶ 一般公開資料 知財レポート 知財Q&A USP学習塾

創造技法MC法 中国知財関連 英文特許を読解 WEB教育 発明提案書作成

知財マネジメント経営を考える 知的財産

このホームページ「知財経営塾(IPMA:Intellectual Property Management Academy)」は、日本アイアール知的財産活用研究所(1990 年設置)が、これまで発行してきました「知財レポート」「知財学習教材」「知財学習ソフト」などを公開しております。このホームページは、これらの資料を散逸させずに保管することを第一の目的としています。そして皆様のお仕事の中で、お役に立つ資料などがあれば自由に使って頂くことです。いま、会社や組織が抱えている問題は、先人たちの記憶が消えていくことです。これら記憶の中には、その時代が抱えていた問題と解決策があります。先人たちの知見に触れ、新しい「知識、知恵、知見」等を加えながら次世代へ伝承されて行く仕組みが必要と考えています。知財分野も例外ではありません。このホームページで公開されている資料等が少しでも約立てば幸いです。「知的財産活用研究所」は、こちらから

知財部門の「働き方改革」を考える


知的財産部門は、「働き方」で変われるのか
「働き方改革」は源流から見直すのが早道
テレワークを円滑にするには何が必要か

情報を制するものが戦いに勝つ


・情報は会社経営に必要不可欠な資源である
・新市場と新商品を生み出すための情報活動
・孫子の兵法から学ぶ「知財経営戦略」
 

日本でも始めるべき「文明日本語運動」


・世界へ「物・事・考え」を伝える「日本語講座」
・日本語が書けないと英語で書くのは難しい
・美しい日本語と曖昧日本語は「文化日本語」

筋の良い研究テーマの発掘法


・過去の成功体験を引きずらない
・成熟・衰退・改革期における R&D 体制
・先人達の知識と創造力を共有・伝承させる

世界で通用する特許明細書を作ろう


IP戦争とは、言語の戦いである
世界で戦える規準特許出願明細書
知財業界でも始めるべき「平明日本語運動」

特許調査の目的を明確にする


・AI ではできない「戦略的特許調査」
・航海図を持たない特許調査は漂流する
・無駄な特許出願を撲滅させる

楽しく学べる「知財教育」


・「スター技術者」は知財力が高い
・技術者を特許嫌いにさせないコツ
・入社前に知っておくべき知財の仕事術

「グローバル知財」に向けて


・国際言語である英語に慣れる
・知財文書の品質管理体制を作る
・R&D 部門の知的基盤を構築する
 

「なぜ?」から本質が見えてくる


・日本人は、なぜ英語が苦手なのか
・日本は、なぜ半導体事業で負けたのか
・筋の良いテーマが、なぜ生まれないのか
・IP ランドスケープとはなんだ
・翻訳者は、なぜ「日⇔日翻訳」をするのか
イラスト_紅茶

 休憩コーナー


・思わず笑える「知財川柳」
・知財ブログ:発明くん便り
・発明くんの「知財マン適性テスト」
・知的財産部の「知財力評価テスト」
・発明技術者の「知財力テスト」
 

イラスト_電球 【お知らせ】発想支援ツール「MEMODAS-R」を無料開放しました
イラスト_電球 【WEB教育】英文特許文書を読みこなすための無料公開講座の案内
イラスト_電球 【NIPTA ヘの投稿】:第 179 号 新型コロナウイルス感染で思うこと
  1. 2011/07/15 福島原発事故から学ぶ責任を取らない言語
  2. 2007/03/09 特許明細書は分かりやすく書いてはダメなのでしょうか
  3. 2005/01/06 紙芝居型:「グローバル知財」でも変われない「日本特許村」

お問い合わせ